Oculus Rift SDK 0.4.3bでhealth and safety warningを非表示にする方法

Oculus SDK 0.4.3がリリースされてUnity Free対応、Directモードの改善、C#クラスライブラリの再編とプレハブの変更など、とても0.0.1のバージョンアップとは思えないほどの改良点がありますが、きになる変更点のひとつに「health and safety warningの非表示」があります。 ですが、どこにも詳しい記載が無いので調べてみたところ設定ファイルを直接編集すると出来るとわかったのでその手順を書きます。 1. health and safety warningを非常にするための条件 Oculus SDK 0.4.3beta Runtimeを使用 Oculus SDK 0.4.3 Unity Integrationのパッケージを使用 2014/10/26現在分かっているのはこれだけです。本当の意味で最小限度の条件は分かっていませんが、古いアプリではうまくいかなかったのでとりあえず最新環境でビルドするとうまくいったと思ってください。 2.ProfileDB.jsonの変更 Windowsにおいて以下のパスのファイルをテキストエディタで開いてください。 … (Read More)

UE4(4.4.3)+Oculus Rift DK2(0.4.2b)で75fpsを出すために試したこと

せっかく毎月$19払っているのでUE4のきれいなデモをOculus Rift DK2で見てみたいと思い、おかず @pafuhana1213 さんのサイトを参考に自分の環境でも試してみました。 ■UE4+OculusRift DK2で75fps安定させるまでにしたこと しかし”stat FPS”コマンドでFPSを見ていると35fpsから38fpsぐらいのところで張り付いている感じで、それ以上はどうにもFPSが上がらない状況でした(魔法の呪文”hmd sp 100″が効かない!!!)。 実行環境 OS:Windows 7 Pro SP1 Memory: 32GB GPU: GeForce GTX680 Unreal Engine: 4.4.3 Oculus Rift DK2: SDK0.4.2 beta 試しに”hmd vsync off”コマンドを実行すると80fpsとか100fpsとかでるので、CPU/GPS能力不足という感じでないと思い、あれこれ調べてみるとUnreal Engineのフォーラムで以下の… (Read More)

[OculusRift[LeapMotion]Passthroughモードの性能について

Oculus Rift DK2 + Leap Motion + VRマウンタの組み合わせで評価をしているのですが、どうも75fpsが出ないと言うことに気がつきました。 そこでUnityのプロファイラを使って調べてみたところ、Leap Motionの生の赤外線データをレンズ歪みモードで表示する処理が遅いことに気がつきました。 確認用にLeapMotion/Scenes/RealtimeCameraViewerシーンファイルを開いてプロファイラをとったときの動画を以下に示します。 [youtube]http://youtu.be/AuPTEVAkc3I[/youtube] ■使用マシン CPU: Intel Core i7-3770K 3.5GHz MEM: 32GB OS: Windows 7 Pro SP1 2年前のデスクトップPCなので最新ではありません。。。。ノートPCではまだ試していませんので後日確認します。 ●レンズ歪みなし:5~6ms程度 ●レンズ歪みあり:9~11ms程度 Leap Motionだけでこれだけの時間を使われてしまってはほかに何も出来ません。 75msを実現す… (Read More)

Oculus Rift DK2 + Leap Motion + VR Developer Mount(LeapMotionマウンタ)によるナデナデの作り方

まだまだ不明点が多いですが、現時点におけるOculus Rift DK2にLeap Motionを付けるVR Developer Mount(LeapMotionマウンタ)を用いた「ナデマデ」アプリケーションの作り方をご紹介します。 ナデナデする対象はMMDのモデルデータを用いていますので、ここの手順が理解できればどのモデルでも同じように出来ると思います。 1. 使用しているSDKのバージョン Oculus Rift DK2: SDK 0.4.2 beta(Windows) Leap Motion: LeapDeveloperKit_2.1.5+22693_win(Windows) Unity: 4.5.2f1(Windows) 2. MMD関連 MMD4Mecanim (Beta): 20141002版 MMD4mface: 201410 3. 開発および実行プラットフォーム Windows 7 Professional SP1 GPU: GeForce GTX 680 Oculus Rift: Direct HMD Access from Apps 4. Oculus … (Read More)