SteamVRにおいて「待」を表示させずに次のシーンをロードする方法

【注意】まだ十分に調査できていません。取り敢えず分かった範囲で書いています。何かありましたらTwitterやコメントなどで教えてください。またこの記事は2017/6/19時点のSteamVRベータ版を使用して検証しました(Homeアプリがベータとして配布され始めたころのバージョンです)。 SteamVRにおけるシーンの読み込み SteamVRパッケージ付属のSteamVR_LoadLevel#Begin()を使って次のシーンを読み込んでいるかと思いますが、そこのコードを読む読むと以下のように書かれています。 // Helper function to quickly and simply load a level from script. public static void Begin(string levelName, bool showGrid = false, float fadeOutTime = 0.5f, float r = 0.0f, float g = 0.0f, float b = 0.0f, float a = 1.0f) { va… (Read More)

Vive Input Utilityの使い方

Vive Input Utilityの使い方のまとめ。忘れないうちにメモ。あとで追記するかも。 妙に動きがいいなぁって思ったらHTV ViveのR&D部門製だった。ただし説明は少なめ。頑張って解析したい。Vive Input Utilityhttps://t.co/071Bg5J8vM — ザバ(ザバイオーネ) (@z_zabaglione) September 5, 2016 … (Read More)

スターラスターVRのサウンド

スターラスターのVR版を作ろうとチマチマとやっていてある動画を流しました。 そうしたらこんな騒ぎに。。。 http://togetter.com/li/1027301#c3110622 それ以降もコツコツと作業を続けていたら、何とSF版のサウンドを担当された川田さんからこんなツイートが。 @_hiro_kawa_ ありがとうございます!こちらこそよろしくお願いいたします! — ザバ(ザバイオーネ) (@z_zabaglione) 2016年10月13日 とあまりここでは日記的な記事は書かないのですが嬉しかったのと記録して残しました。 … (Read More)

[Vive]Unityちゃんのお家を綺麗に表示する

■初めに こちらの一連のツイート 質感と言うか、ライティングがすごいな〜 https://t.co/MCmBm7lGIr — iWorks (@x68user) August 21, 2016 元は自作のVive用アプリの「Unityちゃんのお家」です(この記事を書いている時点では動画だけ公開しています)。 Unityちゃんのお家。Viveコントローラを上下に振ることで移動できる機能を付けてみました。あと、コントローラで触れたあと、トリガーを引くとアクションもします。 pic.twitter.com/VLbTKoypeP — ザバ(ザバイオーネ) (@z_zabaglione) August 18, 2016 ViveやRiftの場合、目に見える解像度以上に首振りに対応するために加速度に応じたその先の映像まで描画を終えることで画像の遅延を無くすような処理をしています。そのため見かけ以上に大きな映像を計算しなければなりません。そしてフレームレートは90fps。1フレーム辺りの処理を約11ミリ秒以内にグラフィックの描画+スクリプトの実行などを終える必要があり… (Read More)