Japan VR Hackathon(東京会場)感想とメモ

https://vrhackathon.co/ に参加された皆様2日間(31時間)お疲れ様でした。今回は一人で参戦することになりました。作成したコンテンツの開設はこちらを参照ください。

DLも動画の解説に書いてありますので興味がありましたらダウンロードしてください。

使用したアセットは以下の通りです。

抜けがあるかもしれませんがアセット群はこんなところです。

特にシネマティックエフェクトは比較的低コストできれいな映像が出るので使えそうなときは積極的に使っていきたいですね。シネマティックエフェクトを使う場合はこちらのまとめも参照しましょう。

あとTerrainを使っていると性能が全く出ません。そこで”Terrain To Mesh“を使用します。このとき、Chunk Countで分割数を指定します。分割後は不要な部分のTerrainを個別に削除することができます。terraintomesh

さて今回の感想ですが、集まった人数も多いですし、何より機材は多いし、スタッフもたくさんますし、会場もとても広くて良かったです。また商品も豪華です(この時点ではまだどこのチームがどの賞を獲得したかわかりませんが)。

ただ自分はViveコンテンツを作りましたが、Viveは混戦しあって厳しかったですね。。最初のうちは皆さん本気でなかったのかそれほど干渉しなかったのですが、2日目の午前中ぐらいから混戦がひどくなりほぼ繋がらなくなりました。

またデスクトップPCを無線で接続するというのは地味に面倒なのでその辺も苦労していました。今時有線LANにするのも大変ですしどうしたもんでしょうかね。

色々と書きましたが、世界規模で見ても最高規模/最高品質のVRハッカソンだと思います。

 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です