[Unity5] Direct Blend Treesの使い方

Unity5.0からDirect Blend Trees機能が追加されました。

https://unity3d.com/jp/learn/tutorials/modules/intermediate/unity-5/direct-blend-trees

これにより、例えば顔のモーションをAnimatorのパラメータから調整することが出来ます。しかも複数のパラメータを同時に設定するとブレンドした顔モーションとなります。

スクリーンショット 2015-03-08 22.53.18

UnityChanパッケージを例に設定方法を紹介します。

  1. 新規にプロジェクトを作成
  2. UnityChanパッケージをインポート
  3. UnityChan/Animator/UnityChanLocomotionsを複製(Ctrl+DまたはCmd+D)
  4. UnityChanLocomotions1をダルブクリック
  5. faceレイヤーに登録されている既存のアニメーションをすべて削除
  6. 右クリックで[Create State]-[From New Blend Tree]でBlend Treeを作成スクリーンショット 2015-03-08 18.49.35
  7. 作ったBlend Treeの名前を適当に修正
  8. 作ったBlend Treeをダブルクリック
  9. Blend TypeをDirectに変更スクリーンショット 2015-03-08 18.53.07
  10. Add Motionで必要な数だけモーションを追加スクリーンショット 2015-03-08 18.55.04
  11. それぞれのモーションにUnityChan/FaceAnimationフォルダにあるモーションファイルを設定する(ここでは3つだけ追加してみた)スクリーンショット 2015-03-08 18.58.06
  12. モーション制御用にパラメーター(float)を追加する。ここではモーション名と同じ名前のパラメータを計3つ追加した例。スクリーンショット 2015-03-08 22.43.59
  13. 先ほど追加したモーションの右側のパラメータに追加したパラメータを設定する。スクリーンショット 2015-03-08 22.46.11
  14. レイヤーのWeightの設定する(デフォルトで0となっているため)スクリーンショット 2015-03-08 22.47.23
  15. テスト用にUnityChan/Model/unitychaプレハブをHierarchyにD&Dする。
  16. HierarchyにD&DしたunitychanにUnityChan/Animations/UnityChanLocomotions 1をD&Dするスクリーンショット 2015-03-08 22.49.47
  17. 実行する。このとき、AnimatorControllerの画面を出しておき、Faceレイヤーで作成したBrendTreeを開いておくとよい
  18. Brend Tree内のパラメータを調整することでUnityChanの画面を操作することが出来る。スクリーンショット 2015-03-08 22.53.18
  19. ここまで制御できれば、あとはスクリプトから顔のモーション制御が可能となります。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です