[Unity]パフォーマンスチューニングについて

「Unityユーザー助け合い所」でUnityのパフォーマンスチューニングについての投稿があったのでメモを兼ねて記事にします。

・情報の可視化
 http://wiki.unity3d.com/index.php/AllocationStats
 ここのページのコードを組み込むと実機で、現在のフレームレートやメモリの使用量、メモリリークのタイミングなどがわかります。
 どのタイミングでフレームレートが落ちるかを見るとチューニングしやすいです。

・Resources.Loadは最初にまとめてやり、ゲーム途中ではあまり呼ばない
 Resources.Loadは同期的な処理なので、ゲーム中に呼んでしまうとフレームレートが一瞬落ちてかくつきます

・Resources.UnloadUnusedAssetsをシーンの切り替え時にちゃんと呼ぶ
 遷移時のブラックアウト時にでもこれを読んでおくとある程度メモリ解放してくれます

・GCをあまりおこさないようがんばる
 メモリを使いすぎるとGCが頻繁に起きて重たくなります。
 詳細:http://docs-jp.unity3d.com/Documentation/Manual/UnderstandingAutomaticMemoryManagement.html

他にも色々とありますが、このスライドも良いのでリンクします。

http://www.slideshare.net/colopl/unity-12567389

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です