[Android] 初心者向けAndroid SDKの設定(2012年11月版)

Android SDKのセットアップ方法が一部変わりました。

うれしいことに初心者向けにSDKとEcliseが1パッケージになったADT Bundleというものがリリースされました。

ということで、簡単にセットアップ方法をご紹介します(Windows版です)。

もし、分り難いところや誤字脱字などがありましたらコメント欄に書いてください。

 

1.ADT Bundleのダウンロード

SDKの配布サイト(http://developer.android.com/sdk/index.html)に移動して、右の方にある「Download the SDK」をクリックして「adt-bundle-windows.zip」をダウンロードします。

2. zipファイルの展開

Windows標準状態でしたら、ファイルを右クリックして「すべて展開」を選んでください。

何かしらのzipファイル展開ツールをインストール済みでしたらそのツールに従って展開してください。

 

3. eclipseの起動

展開すると2つのフォルダーが現れてきます。この中の「eclipse」フォルダーを開いて、その中にある「Eclipse.exe」を実行してください。Windows標準設定では拡張が表示されないので、写真に掲載れているアイコンを探して実行してください。

 

 

4. workspaceの設定

Eclipseではプロジェクトファイル(これがAndroidアプリケーションになります)をまとめてワークスペースというところで管理します。Eclipseを起動するとワークスペースの格納場所を聞いてきます。デフォルトでユーザフォルダー配下に作成します。問題がなければそのまま[OK]ボタンを押してください。

変更したい場合は変更先のパスを設定してから[OK]ボタンを押してください。

5. 新規プロジェクトの作成

Eclipseの[File]-[New]-[Android Application Project]を実行してください。

アプリケーションの名前を入力します。ここではsampleとします。Application name欄に「sample」と入力すると、そのほかの二つも自動的に入力されます。それぞれの意味は以下の通りです。

  • Application Name: Android上で表示されるアプリケーション名
  • Project Name: Eclipseにおけるプロジェクト名
  • Package Name: アプリケーションを識別する文字列(Javaのパッケージ名のルールに従う必要がある)

Package NameはGoogle Play(Androidアプリケーションの配布サイト)で公開するときは、世界で唯一の名前にする必要がありますが、ためしに動かすだけなのでここではデフォルトのままとします。

6. Configure Project

そのまま[NEXT>]ボタンを押して次に進んでください。

7. Configure the attributes of the icon set

Androidアプリケーションのアイコンを設定します。

とりあえずデフォルトのままにします。

8. 生成するActivityの選択

Activityとは簡単に説明すると画面のことです(すごく大雑把な説明なので誤解の無いように)。

とりあえずここではデフォルトの「BlankActivity」を選んでください。

9. Activityの名前とレイアウトファイル名を入力

これもデフォルトのままとします。[Finish]ボタンを押してください。

これでAndroidアプリケーションの完成です。Eclipseのメインウィンドウに自動的に戻り、「sample」という新しいプロジェクトが生成されて、画面定義ファイルが自動的にオープンしています。

10. AVD(Android Virtual Device)の設定

出来上がったアプリケーションを実行するには実機まはた仮想マシン(エミュレータ)のいずれかで行います。

ここでは仮想マシンによる実行方法を紹介します。

仮想マシンの設定は一度行えばよいので、最初は大変かもしれませんが頑張って行ってください。

それでは、Eclipseの[Window]-[Android Virtual Device Manager]を実行してください。

すると以下のようなダイアログ(Android Virtual Device Manager。以下、AVD管理画面)が表示されます。

11. 仮想マシンの新規作成

新しい仮想マシンを作成するには、AVD管理画面において[New]ボタンを押してください。

すると以下のようなダイアログが表示されます。

以下に設定項目について記述します。

  • AVD Name
    仮想マシン名。英数字、下線(_)、ピリオド(.)が使えます。自分が分かるようにつけてください。
  • Device
    評価対象の端末を選択します。異なる画面サイズにおける評価に有効です。最近のNexus 7も選べるようになっていますが、画面サイズが大きいとそれだけPCに負荷がかかります(仮想端末は重たいソフトウェアです)。そのため、まずはちょっと小さめの「Nexus One」を選んでみましょう。慣れてきたら、色々な端末を選んで評価してみてください。
  • Target
    Androidのプラットフォームバージョンを選択します。最初はAndroid 4.2 – API Level 17しか選べません。あとでEclipseに戻ってから[Window]-[Android SDK Manager]を実行して、追加のプラットフォームをダウンロードすると選べる項目が増えます。
  • CPU/ABI
    仮想マシンがエミュレートするCPUを選択します。これは先ほど選んだ「Target」に依存します。今は特に触れませんのでそのままとします(ARMになっているともいます)
  • Keyboard
    ハードウェアきーぼどを使用するかどうかを選択します。チェックがついているとPCのキーボードを使用して文字を入力することができます。
  • Skin
    ハードウェアーボタン(戻るボタン、ホームボタンなど)を画面の外枠(スキン)として表示するかどうかの選択ができます。
  • Front CameraおよびBack Camera
    このバージョンからだと思いますが、PCにWebCamが付いているとそれを使ってCameraの評価ができます。もしPCにWebCamが付いてない場合は仮想的なCamera(実際に撮影はできないが、プログラム的にはCameraが付いていると認識される)を選ぶとよいでしょう。
  • Memory Options
    仮想マシンのRAMとアプリケーションごとのヒープメモリ(VM Heap)を設定します。これはDeviceで選択したときにデフォルトの値が入っています。慣れてきたら色々と変更してください。
  • Internal Storage
    内蔵ストレージの容量を指定することができます。本物のNexus 7は8GB~32GBまでありますが、アプリケーションの開発でそこまで使うことはありませんのでデフォルトのままでもよいと思います。巨大なアプリケーションを開発するときは変更してみてください。
  • SD Card
    仮想的なSDカードのサイズを指定します。PCについているSDカードは使えませんので注意してください。指定したサイズ分のファイルを確保しますのであまり大きな値は指定しない方がいいでしょう。また最小サイズは9MiBです。(MiBはMBの新しいSI単位ですが、ほとんど見かけませんね(笑))
  • Emulation Options
    Snapshotとはエミュレータが起動したときのRAMをファイルに保存して次回の起動時に利用する機能です。ただ、毎回トラぶっているのでこのバージョン(r21)できれいになっているかどうかは不明です。有識者からの情報を待ちましょう。
    Use Host GPUはエミュレータのグラフィック表示をCPUからGPUを使って高速表示するためのオプションです。ただし、PC側にGeForceなどの高速GPUが搭載されている必要があります。

以下に設定例を示します。以下のように設定したら[OK]ボタンを押してAVD設定画面に戻ってください。

12. AVDの起動

AVD設定画面において、先ほど乳設定した「4,2ARM」を選択して、[Start…]ボタンを押してください。

13. Launch Optionsの設定

起動オプションの選択画面で画面サイズを変更することができます。ここで言っている画面サイズとはAndroidにおける画面サイズではなく、エミュレータの画面サイズになります。というのも、最近のAndroid端末は縦に1280ピクセルあるのもの少なくありません。しかし、PCのディスプレイの多くは縦が1080ピクセルとなっています。そのため、エミュレートするAndroid端末によっては縦が不足することがあります。そこで、起動オプションで表示するサイズを変更することができます。

Scale display to real sizeにチェックを入れると、実際のAndroid端末に合わせて画面サイズを調整します。つまり、PCのディスプレイに実際の端末の大きさに合わせて表示します。結果的に小さく表示されます。ただ、経験上、3.5インチや4インチですと小さすぎてよく見えないので、6~7インチぐらいがちょうどいいと思います。Monitor dpiは自動的に計算されますが、念のため右側にある[?]ボタンをしてご自分のPCに合わせるとよいと思います。

設定ができましたら[Launch]ボタンをしてください。これでエミュレータが起動します。

エミュレータ起動直後の画面。マシンスペックに依存しますが、ここからかなり時間がかかります(遅いマシンで数分!?)。そのため一度起動したらずっと起動しっぱなしで使います。

14. エミュレータの操作

初回起動時はチュートリアルモードになっています。説明を読みましたら右下の[OK]ボタンをタップ(マウスでクリック)してください。あとは普通のAndroid端末のように操作ができます。

これでAVDによるエミュレータが起動しました。Eclipseの画面に戻りましょう。

15. AVD管理画面を閉じる

エミュレータの起動ができましたらAVD管理画面は閉じてかまいません。右上の[X]ボタンを押して閉じてしまいましょう。

16. アプリケーションの実行

やっとアプリケーションが実行できるようになりました。以下の手順で実行してください。あわてて実行ボタンを押さないように注意してください。

  1. プロジェクトを選択して「選択状態」にしてください(写真参照)
  2. 実行ボタンを押してください(写真参照)

17. 実行方法の選択

初めてプロジェクトを実行するときに出てくる画面です。ここでは「Android Applicaiton」を選択して[OK]ボタンを押してください。

しばらくするとエミュレータの画面が変わってアプリケーションが起動します。不安な方は、Eclipseの下の方にある「Console」ビューを選択するとアプリケーションをエミュレータにインストールしている様子が分かります。

おつかれさまでした。Android アプリケーションにおけるHello Worldアプリケーションの完成です。

このあとは、ここのブログで不定期に色々なネタを紹介します。

 

 

 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です